※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

【日常会話】今日の表現 — 「what’s-his(her)-name」「what’s-his(her)-face

英会話
スポンサーリンク

今日は、前回ご紹介した「whatchamacallit」や「what-d’you-call-it」によく似た表現、「what’s-his(her)-name」と「what’s-his(her)-face」を取り上げます。物の名前ではなく、人の名前が思い出せないときに使える表現です。

「what’s-his(her)-name」、「what’s-his(her)-face」

日本語で、「名前なんだったっけ」「誰だったっけ」、「あの何とかっていう人」のようなこと言いますが、そんなとき英語では「what’s-her-name」とか「what’s-his-face」と言えるんです。

この表現の最後の部分は、「name」でも「face」でも構いません。

真ん中の部分は、女性の名前が思い出せない場合は「her」を使い、男性だったら「his」と言えばいいんです。

会話例1

友人同士の会話です。最近高校の同窓会があったのですが、Aさんは都合が合わず参加できませんでした。Bさんは参加しました。

A: So did you enjoy the class reunion?

B: Yeah. It was great! I caught up with many old friends. You know, Ken married what’s-her-face.

A: You mean Naomi?

A: 同窓会は楽しかった?

B: うん。楽しかったよ!昔の友達とたくさん会えたよ。ケンはあの何とかさんと結婚したんだよ。

A: ナオミのこと?

会話例2

友人同士の会話です。

A: I was at the grocery store yesterday, and I ran into what’s-his-name . . . you know, the guy you used to work with.

B: Dan? How’s he doing?

A: 昨日スーパーに行ったとき、名前は何ていう人だったか、ほら、君が昔一緒に働いていた人に出会ったよ。

B: ダン? 彼の調子はどう?

会話例3

Yoko と Amy がテレビのドラマを見ています。そこに友人の Joe が訪ねてきます。彼と Yoko は一度見たことがあるシリーズものです。

Joe: Isn’t this the episode where what’s-her-name’s brother gets involved in a case she is investigating?

Yoko: Stop, Joe. You might spoil it for Amy.

Joe: Sorry, Yoko. Hey, isn’t that what’s-his-face’s father, who is an alcoholic?

Yoko: Shut up.

ジョー:このエピソードは、例のあの人が捜査している事件に、弟が巻き込まれる話じゃないの?

ヨーコ:やめて、ジョー。エイミーにネタバレしちゃうでしょ。

ジョー:ごめん、ヨーコ。そういや、これって、あの人の父親じゃない?例のアル中の父親?

ヨーコ:黙って。

ご存じのように、ドラマのシリーズものは、1つの Season に、episode が 12 とか、多い場合は 20 以上含まれる場合があります。また、何年も続く番組ですと、Season 1 から Season 7 とか Season 8 くらいまであったりします。例の有名な『Friends』は Season 10 まで続きました。

まとめ

いかがでしょうか。今日の表現、「what’s-her-name」や「what’s-his-face」も、少し慣れると、口をついて出てくると思います。人の名前がすぐに出てこない時などに、ぜひ、使っててみましょう!

* * * * *

会話フレーズ表現集など、こちら⇩でご紹介しています。

また、英語の電話表現も含めて、ビジネス英語全般に関するおすすめ教材については、こちら ⇩ をご覧ください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました